サラリーマンよりも公務員はサラ金で借入れしやすい?

MENU

サラリーマンよりも公務員はサラ金で借入れしやすい?

金融機関から借入れをする時に行われる審査には、属性が大きく関係して来ます。属性に含まれる項目の1つに「勤務先」があり、公務員や大企業に勤めている人はポイントが高くなります。これは消費者金融(サラ金)の利用の条件に「安定した収入」という項目がある為です。

 

公務員が消費者金融(サラ金で)からキャッシングをする事は、最近のサラ金が安全であるということから、特に珍しい事ではないようです。安定した収入があるといっても、公務員の給料は民間の企業の給料の水準に準じている事もある為に、特に高給取りという事ではないようです。そして審査では公務員という事で有利に働く事が多く、借りやすいという状況にある為にキャッシングを利用する人も意外に多いようです。

 

それでもいくら借りやすいとは言っても多重債務者となり、返済が困難となった事で債務整理をした場合、職場に債務整理を行った事が知られてしまう可能性もあるようです。そうなると職場での立場も悪化する事も考えられるので、借り過ぎには十分に注意をする必要があり、安全な範囲で借り入れをすることが大事といえます。

 

公務員は組合の貸付制度を利用できる

 

公務員がお金を借りたい時には、『地方職員共済組合の貸付事業』を利用する事ができます。その中でも生活に必要な物を購入する為に利用できる《普通貸付》では金利は2.66%となっていて、銀行よりも更に低金利で利用する事が可能です。返済期間は最長で10年間となり、200万円を限度として給料の6倍までという安全な範囲で借入れが可能となっています。

 

この貸付制度には普通貸付の他にも住宅貸付、医療貸付等の他にも結婚貸付等の人生における行事や災害に対応する貸付も用意されています。

 

ただし共済組合貸付は、消費者金融(サラ金)よりも金利を大幅に抑える事ができるというメリットがありますが、家族に内緒で少額での即日融資を希望するのであれば、消費者金融(サラ金)の利用が安全ですし便利と言えるでしょう。

 

 

公務員が債務整理をした時に受ける影響とは

 

安定した収入を得ている公務員が債務整理をする事は、考えられない事と思う人もいるかも知れません。それでも実際には公務員でも債務整理をする人は多くいるようです。それには公務員である事で借りやすいという事が要因にあるようで、キャッシングを繰り返して行く内に気付いたら多重債務者となっているという事です。ですから、安全を考えると、必ず返せる範囲で借り入れを行うのが大事になってきますね。

 

返済が滞るようになると、いよいよ債務整理を考える必要が出て来ます。この場合に前記で取り上げた共済組合の貸付を利用していない場合ならば、どんな債務整理を行っても職場に知られる心配はありません。